白髪染めの選び方

急な葬儀でも白髪を隠す!応急処置におすすめな白髪隠し

更新日:

先週、親族の葬儀があった私です。

悲しい話はさておき、私のように白髪に悩む人にとって冠婚葬祭は気の抜けないシーンです。久しぶりに対面する人たちに、白髪を見られたくないのは誰だって同じです。

私は普段から白髪染めをアレコレ試しているので概ね白髪はカバーできていたのですが、思わぬ緊急事態に困っていたのは私の母でした。

うちの母は60歳を超えたところなのですが、かれこれ15年くらい前からずっと美容院で定期的な白髪染めをして隠しています。結婚式や正月などで親族が集まる時には前もって美容院に通っていたのですが、いかんせん葬儀だけは突然待ったなしでやってくるので準備ができません。

次の日には田舎に向かわなければならず、当然ながら美容院なんて行っている暇がありません。「どうしようどうしよう」と生え際が真っ白に伸びている白髪を気にしていました。

そんな母を見かねた私は、自分でレビューする用に購入していた商品をあげることにしました。

「白髪隠し」

というタイプの白髪染めです。
緊急事態の時、急ぎで白髪を隠したい時にぴったりの白髪染めです。

おそらく、同じように急な葬式や冠婚葬祭で白髪染めが間に合わないという人もいるでしょう。そんな人のために、白髪隠しという選択肢を紹介しておきます。

推奨サスティの[無添加]利尻白髪隠し/初回限定1000円OFF

急ぎの時の応急処置に最適。白髪隠しと白髪染めは何が違うの?

katyandgeorge / Pixabay

katyandgeorge / Pixabay

洗えば落ちる白髪染め

白髪隠しが通常の白髪染めヘアカラーやトリートメントと違う点は、基本的には

”その場しのぎ”の白髪染め

であることです。

つまり、染めても洗えば落ちるタイプの白髪染めですね。ヘアスプレーみたいなものです。

販売会社は売る側として「使い続ける度に色が定着して染まっていく」と言っていますが、これはそこまで期待しない方が良いでしょう。

白髪隠しは基本的にヘアスプレーと同じで、その場をやり過ごすための応急処置です。持続的にきちんと染めていきたいなら、最初からトリートメントタイプの白髪染めで染めた方が断然良いです。

参考白髪染め種類と特徴、選び方|カラートリートメントがおすすめな理由。

白髪隠しのメリット

白髪隠しのメリットをざっくりあげると、

  1. その場ですぐ簡単に染められる。
  2. ピンポイントで染めやすい(生え際・頭頂部など)
  3. 数分で乾き、ベタつかない
  4. コンパクトなので化粧品と一緒に持ち歩ける

と言ったところです。

その場ですぐ染められて数分で乾くので、最悪の場合は式前にお手洗いに駆け込んでサッと塗って隠すこともできる手軽さがメリットですね。

また私の母の場合は、生え際の2〜3センチくらいが白髪に生え変わっていたので、生え際部分だけをピンポイントで染めるのにも白髪隠しが役立ちました

 

私が母にあげたのは利尻の白髪隠し

今回、私が母に渡した白髪隠しは安定の「利尻シリーズ」です。

利尻白髪かくし

公式サイトサスティの[無添加]利尻白髪隠し

私自身が利尻シリーズを愛用しており、トリートメントもカラーシャンプーも利尻を使っていたので、たまたま白髪隠しもお試し購入してありました。

小さくてコンパクトなのでポーチにも楽々入るサイズです。女性ならバッグやポーチに入れて持ち運べますし、ちょっと敷居高めな場に出向く時には持っておくと安心ですよね。長期旅行にも持っていきたいアイテムです。

塗り方はこんな感じです▼▼

利尻白髪かくし

スティックタイプで先端が筆になっています。この筆というかハケ部分で気になる部分をササっと塗ればOK。超簡単です。手鏡があればトイレの個室に入ってすぐに塗ることができますよ。

染料は、スティックのお尻の部分を押し込めば筆(ハケ)部分に出てきます。ボールペンをノックするような感覚ですね。

利尻白髪かくし

トリートメントのように染料を手にだして塗る必要がないのが嬉しいですよね。手も汚れにくいしサッと染められます。

普通の白髪染めだと染料が手についてしまい、いくら洗っても爪の中が黒くなってしまいますからね。白髪隠しはその心配がいらないのは素晴らしい。

また、ヘアスプレーのように固まったりベタついたりしないのもグッド。数分ですぐに乾くので不自然さも感じさせません。ここまで手軽だと女性にとっては化粧直し感覚で白髪染めできるのではないでしょうか? 髪や頭皮に余計なダメージも与えませんしね。

うちの母の使用後の感想を聞いても、応急処置としては文句なしの満足点だったようなのでおすすめですよ。

公式サイトサスティの[無添加]利尻白髪隠し

白髪隠しの注意点は?

全体は染められない。部分染めのみ

塗り方を見れば分かる通り、白髪隠しは「特定の部位」をハケで塗るのに最適化されています。なので髪全体の白髪をカバーするための商品ではありません。

主な使いどころは、チラホラ白髪や生え際、頭頂部など、ピンポイントの目立つ白髪をサッと隠す時に使います。

手・頭皮・衣類につかないように細心の注意を

薬品なので、頭皮にはつかないように塗るのが前提です。また手に染料が付くと落ちにくくなる場合があるのでなるべく注意しましょう。手が真っ黒になってしまうので。

時間が経つほど落ちにくくなるので、もし手についた場合はすぐにタオルかコットンで拭くように。

また、化粧感覚で手軽に染められるので、着ている衣類や持ち物に染料がつく心配もあります。そこも細心の注意を払いましょう。

整髪料を先につけないこと

白髪隠しは乾いた髪に塗ります。先にスプレーやワックスなどの整髪料はつけないようにしましょう。

白髪隠しは数分で乾きますので、整髪料は塗って乾いてからつけるように。もしドライヤーがあればさらに一瞬で乾くはずです。

 パッチテストはやった方が良い

急ぎの時にこんなことを言うのもアレですが、一応薬品を使うわけなのでパッチテストはやった方が良いです。48時間かかるのでやらない人がほとんどだと思うのですが、中には白髪染めで「ジアミンアレルギー」が発症する人がいます。

「ジアミン」という成分は白髪染めのほとんどに含まれており、誰でもアレルギー反応を起こす可能性があります。もし発症すると猛烈な痒みやかぶれに襲われるので、パッチテストは本来欠かせません。

ちょっと追記。

調べてみたところ、利尻の白髪隠しにはジアミンが含まれていないようですね。

利尻白髪かくし

公式サイトより抜粋サスティの[無添加]利尻白髪隠し

公式サイトにもバッチリ書いてあります。
完全な無添加なので、アレルギー体質の人でも安心なようです。

やはりその場しのぎは否めない。洗えば落ちます

公式サイトでは売り文句として「継続的に使えば色が持続する」と言っていますが、正直それは……という感じ。

実際に使った母に確認してみましたが、やはり髪を洗えば色は落ちたそうです。といってもお通夜と告別式の2日程度しか使っていないのであまり参考例にはならないのですが……。

白髪隠しは、その場で「隠す」ためのもの。あくまで一時しのぎの応急処置として持っておくのが良いでしょう。継続的に染めたいなら通常のヘアカラートリートメントを選ぶべきですね。

参考記事【レビュー総まとめ】実際使って分かったマイベスト白髪染めTOP3!

【まとめ】お急ぎの方はぜひお試しを

というわけで、急な葬儀などに見舞われ急ぎで白髪をなんとかしたい人は、白髪隠しが一番手っ取り早くで簡単です。

コンパクトで携帯しやすいので、冠婚葬祭に限らず、同窓会やパーティなど、ちょっと見た目に気をつけたい時はポーチに忍ばせておくと安心ですよ。あ!っと白髪を見つけてしまった時にソッとトイレに行ってカバーできますからね。

利尻なら売上日本一で信頼性もありますし、初回限定で1000円割引になるので、緊急時のために1本持っておいて損はありません。気になる方はぜひお試ししてみてください。

公式サイトサスティの[無添加]利尻白髪隠し/初回限定1000円OFF

白髪に悩んだら揃えるべきもの

1

本格的に白髪染めを初めて1年以上、今まで10本以上の白髪染めを試してきてつくづく実感したことは、白髪 ...

2

サプリで白髪が治せるとは思っていないものの、「やらないよりはやった方がプラス」という気持ちで白髪予防 ...

3

私も以前はドラッグストアやスーパーで並んでいる市販シャンプーを使っていたのですが、どうも頭皮が痒くな ...

-白髪染めの選び方

Copyright© 若白髪王子|おすすめ白髪染めを全て実践する口コミレビューブログ , 2018 All Rights Reserved.