白髪染めの選び方

アレルギー成分不使用!ジアミンフリーの白髪染めおすすめ5選

更新日:

若白髪王子
白髪染めやヘアカラーで、「かゆみ」「かぶれ」「赤みの腫れ」などアレルギー反応が出やすい人は、配合成分に含まれる「ジアミン」に原因がある可能性が高いです。

この記事ではアレルギー症状が出やすい敏感肌の人向けに、ジアミンが一切含まれていない天然無添加の白髪染めを3つ紹介していきます。

白髪染めで怖いジアミンアレルギーとは?

↑頭皮の炎症・かぶれ↑

白髪染め商品のほとんどに含まれるジアミン

アレルギー症状の原因となる「ジアミン」という毒性の強い成分。白髪染めからオシャレ染めまで、髪を染める商品の多くに含まれており、市販品のほとんどに使われている成分です。美容室で使われる薬剤にも含まれているケースが多いです。

このジアミン成分は髪に付着する分には問題ありません。頭皮の地肌に触れてしまった場合が問題で、人によって皮下にジアミンの抗体を作り出してしまいます。その後も白髪染めを繰り返す(地肌にジアミン付着を繰り返す)ことで抗体がどんどん強くなり、一線を越えるとアレルギー症状が出始めます。

ジアミンアレルギーの症状は様々ですが、最も多いケースが猛烈な痒み(かゆみ)です。

頭皮だけでなく、耳回りから首もとにかけてまで死ぬほど痒くなるケースもあり、さらにヒドいと顔面や目にまで症状が広がります。さらには、かぶれやただれ、赤腫れなどの症状を引き起こすこともあり、目元まで腫れてくるという人もいます。

なぜ白髪染めにジアミン成分が使用されるの?

ジアミンという成分は髪を染める力が非常に強いからです。

白髪は黒髪より染まりにくい性質を持つため、白髪染め商品には強い染毛力が求められます。とくに市販商品は素人の手でもある程度きれいに染まるようジアミンの力が不可欠なものが多いのです。

美容室で使われる薬剤にもジアミンは含まれるケースがありますが、ジアミンは髪に付着する分には問題ありません。美容師は薬剤が頭皮に触れないよう気を配りながら塗布するので、アレルギー症状のリスクを最低限まで抑えてくれます。

問題はセルフで染める人です。
素人が自分で染めるとどうしても薬剤が頭皮に付着するので、これを繰り返すことでかゆみやかぶれなどのアレルギーが出るケースが多いのです。

対策は、ノンジアミン・ジアミンフリーの白髪染めを使うこと

近年は白髪染めを進化しており、ジアミンを一切使用していない「ジアミンフリー(ノンジアミン)」の商品が増えてきています。アレルギーに悩まされている人、アレルギーのせいで白髪染めできなかった人でも、ジアミンフリーの白髪染めを使えば安心して染めることができます。

ジアミンフリーの白髪染めは、「ジアミン不使用」「無添加」「100%天然由来」などという表記でアピールされています。

2001年の薬事法改定により、全ての商品に対して配合している全成分を容器や外箱に表示することが義務づけられたので、どうしても不安な人は商品パッケージの成分表をチェックすれば確実です。「パラフェニレンジアミン」「パラトルエンジアミン」などがジアミン成分です。

また、アレルギー反応が今まで起こったことない人でもジアミン成分には気をつけなければなりません。アレルギー症状というのはコップに水を貯めていくのと同じように人体に蓄積されていくもので、ある日を境にとうとう溢れ出すことで突然発症するケースもあります。

アレルギー体質の人に限らず、誰でもセルフで扱う白髪染めはジアミンフリーのものを使った方が賢明です。

若白髪王子
今回紹介する白髪染めは全てジアミン不使用なので、ご安心ください。

よく聞く「無添加」ってなに?

「無添加」とは、ある特定の成分や物質が含まれていないことを指す表現です。

白髪染めを含む化粧品でいう「無添加」は、アレルギーの危険性が認められている102種類の成分(化粧品表示指定成分)が含まれていないことを意味します。

(102種類の成分例)

  • ジアミン系色素
  • 石油系成分
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 防腐剤

「天然100%」や「無添加」という表現は、これらの化学成分を含んでいない、自然由来の優しい素材でできていることを意味します。

 

安心!ジアミンフリーのおすすめ白髪染めベスト3!

若白髪王子
というわけで、私が使ったなかで良かったジアミンフリーの白髪染めをオススメ順に3つ紹介します。

アレルギーの出やすい方、敏感肌の人は参考にしてみてください。

3位:LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント は、保湿力に抜群に優れたヘアカラートリートメントです。白髪染めのブランドとしても人気・知名度が高く、不安材料は一切ありません。

染料は植物由来の天然成分のみを配合しており、成分の94%を美容成分で構成しています。もちろん、ジアミン系色素は一切含んでいません。

  • ジアミン系酸化染毛剤 ✖︎
  • 動物性原料 ✖︎
  • 人工香料 ✖︎
  • 鉱物油 ✖︎
  • タール系色素 ✖︎

全て不使用!

ルプルプの美容成分には、函館近海でとれる希少なガゴメ昆布の粘り成分「フコダイン」が配合されており、昆布のネバリが髪表面のキューティクルをヴェール状に覆うことで洗い上がりのしっとり感を生み出してくれます。

髪や頭皮に優しく、傷んだパサパサ髪にも潤いを蘇らせてくれますよ。もちろん白髪の染まり具合も文句ありません。

若白髪王子
干からびた髪は、ルプルプで回復させましょう。

  • 特徴:潤い・しっとり感は抜群。
  • 価格:通常3240円/初回1620円(税込)

 

2位:利尻カラーシャンプー

利尻ヘアカラーシャンプー

こちらはトリートメントタイプではなく、シャンプーだけで白髪染めができるという 利尻カラーシャンプー です。白髪染めではNo1ブランドの利尻のカラーシャンプーですね。

市販シャンプーの多くに含まれる「シリコン」や「石油系洗浄成分」は含まれおらず、髪に優しいノンシリコンシャンプーです。ジアミンなどのアレルギー成分ももちろん不使用。

  • ジアミン系色素 ✖︎
  • シリコン ✖︎
  • 人工香料 ✖︎
  • 鉱物油 ✖︎
  • タール系色素 ✖︎
  • バラペン ✖︎

全て不使用!

石油系洗浄成分など刺激に強い成分は不使用なので、シャンプーで頭皮に赤みが出やすい人でも安心して使えますよ。私も頭皮に赤いプツプツが出やすいですが、ノンシリコンシャンプーに変えてからだいぶ落ち着きました。

そして何と言っても、シャンプーだけで白髪が染められるというのは画期的です。毎日のシャンプーを変えるだけで白髪染めできるので、これほどラクで簡単なことはありません。

若白髪王子
仕事に家事に追われてついつい白髪染めを先延ばしにしてしまう人は、ぜひシャンプーをコチラに変えてみましょう。毎日少しずつ白髪が”勝手に”染まってきてくれます。

  • 特徴:”シャンプーするだけ”という手軽さ。染める力はトリートメントより弱い。
  • 価格:通常3500円/初回限定2500円

 

1位:利尻ヘアカラートリートメント

私が使ってきた白髪染めの中で、現状1番良かったのが「 利尻ヘアカラートリートメント 」。何と言ってもこちら、日本で一番売れている白髪染めトリートメントです。

もちろん100%天然染料、ジアミンや石油系染料は一切含まれていません。私もお気に入りの白髪染めとして最も使い続けていますが、頭皮にかゆみやピリピリを感じたことは一度もありません。

  • ジアミン系色素 ✖
  • シリコン ✖
  • 人工香料 ✖
  • 鉱物油 ✖
  • タール系色素 ✖
  • バラペン ✖

全て不使用!

色素には天然由来の植物色素を、美容成分として配合されている利尻昆布のネバリ成分は、キシんだ髪に潤いを与えてくれます。

 

市販商品に特有のツーンとした刺激臭もなく、髪にイヤな匂いが残ることもありません。

そして肝心の染まり具合も文句なし。連続4日ほど使えば色がしっかり定着するので、あとは先に紹介した 利尻カラーシャンプー で週2回くらいシャンプー補修しておけばかなり色持ちします。

若白髪王子
利尻のトリートメントとカラーシャンプーの併用が今のところ「マイベスト白髪染め」ですね。髪や地肌にダメージを与えず、色もしっかり入り、かつ色持ちも良いです。

そして何より、安い。

通常価格3000円でも安い方ですが、初回限定2000円はお試し利用には嬉しい価格です。

しかも、定期購入コースではなく単品価格でこの値段です。白髪染め商品には定期購入しかできない商品や、単品価格だと割高になる商品が多い中、利尻ヘアカラートリートメントはまず1本お試しで、割引価格から気軽に購入できるのが大きなメリット。もちろん、本当に気に入ればまとめ買いでさらにお得に買えますよ。

若白髪王子
全てのヘアカラートリートメントの中で、最も売れている人気商品です。品質に間違いありません。

  • 特徴:日本一売れているヘアカラートリートメント。その称号に文句なし。
  • 価格:通常3000円/初回限定2000円

 

【おまけ】綺麗に白髪染めするちょっとしたコツ

若白髪王子
いくら良質な白髪染めを使っても、染め方がいい加減だと仕上がりにムラが出てしまいます。

最後に、白髪染めを綺麗に仕上げる小さいコツをいくつか紹介しておきます。

1. 染毛はシャンプー前に。ブラッシングも忘れずに。

染めるのはお風呂に入る前、乾いた髪に塗るようにしましょう。商品によってはシャンプー後に水分を拭き取ってからでも可としているものもありますが、シャンプー前の方が綺麗に染まります。

また、染料を塗る前にはブラッシングを忘れずに。髪には目に見えないホコリが大量に付着しているので、そのまま塗り始めるとムラが出やすくなります。必ず最初にブラッシングをし、余計なホコリや汚れを落としておきましょう。

また言わずもがな、整髪料や汗が髪に残っていると着色を妨げます。白髪染めは清潔な髪に行うのは大前提です。

2.  放置時間は髪を温める

放置時間はただ放置しているのではなく、髪全体を温めておくのが基本です。美容院でカラーするときにラップを巻いて熱気で温めるのと同じです。これは、髪を温めることで表面のキューティクルを開いた状態にして、色を定着しやすくさせるためです。

塗布後はヘアキャップ、あるいはラップで頭髪を覆い、ドライヤーの温風で温めてあげるのが一般的ですね。

さらにこだわるなら、ドライヤーではなく、ラップの上にさらに蒸しタオルを巻くことをおすすめします。蒸しタオルで頭全体を覆えば、地肌が発する熱でスチームされるので全体をムラなく温めることが可能です。

蒸しタオルの用意が手間ですが、ドライヤーを傾けておく労力も要らず、仕上がりもより綺麗になりますよ。

3. シャンプーは必ずノンシリコンを使用すること

白髪染めで入れた色は、毎日のシャンプーによって少しずつ落ちていきます。市販のシリコンシャンプーは洗浄力が強すぎるので、白髪染めを始めたら使用を控えましょう。一瞬で色を落としてしまいますし、頭皮にも良くありません。

推奨するのはアミノ酸系のノンシリコンシャンプーです。頭皮と相性の悪い「シリコン」や「石油系洗浄成分」を含んでおらず、髪や地肌に優しいシャンプーです。

私も色々使ってきて一番良かったのがコチラの「 HARU 黒髪スカルプ・プロ 」。ただのノンシリコンシャンプーではなく、白髪と抜け毛の予防成分を含んでいるシャンプーです。

「白髪予防のために作られたシャンプー」というのは他にないので、白髪に悩んでいる全ての人におすすめできるシャンプーですね。めっちゃイイです。

公式 HARU 黒髪スカルプ・プロ

4. 洗い上がり後はすぐドライヤー。濡れたまま放置しない

髪の毛は濡れている状態が一番ダメージを受けやすく、また髪の隙間から色素が抜け落ちやすくなっています。

洗い上がり後は濡れた髪を放置せず、なるべくすぐにドライヤーで乾かしましょう。自然乾燥で放置していると色素が水に浮いてどんどん逃げてしまいますので。

まとめ

若白髪王子
「ジアミン不使用」と言っても、100%肌に刺激を与えないとは言えません。なので染毛の前のパッチテストは必ずしておくことを推奨します。アレルギー肌の人はとくに。

かゆみやかぶれが出やすい人は、市販の安物を使うのは今日から控えましょう。セルフで染めるならジアミンフリーの良質な白髪染めを使うこと。もしくは美容室でプロにお願いするのが賢明です。

白髪に悩んだら揃えるべきもの

1

若白髪王子こんにちは。白髪染めはトリートメントタイプに変えてから、髪がきれいに若返った私です。 本格 ...

2

本格的に白髪に悩み始めてから、私は白髪染めとは別に、食生活の改善やサプリメントの摂取という根本原因の ...

3

若白髪王子白髪に悩み始めている人は、シャンプー選びを今日から変えなければなりません。 私も以前はドラ ...

-白髪染めの選び方

Copyright© 若白髪王子|おすすめ白髪染めを全て実践する口コミレビューブログ , 2018 All Rights Reserved.