白髪染めトリートメントレビュー

【口コミ】評判の白髪染め「LpLp(ルプルプ)トリートメント」の染まり具合はどうか?

更新日:

若白髪王子
評判のいい白髪染めを片っ端から試して使っている私です

今回は、数ある白髪染め商品ランキングサイトでも常にトップ3の常連である「LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント」を購入してみました。

ルプルプのこだわりは、徹底したダメージ0(ゼロ)

天然染料

保湿成分フコダイン

海洋深層水

美容音痴には馴染みのない言葉が並びますが、とにかく海と植物の恵みが凝縮したダメージゼロの白髪染めだというのです。

私は肌が弱くて、刺激の強い白髪染めを使うとすぐに頭皮が赤く炎症してしまうので、「優しさ」は本当に死ぬほど大事。(市販の安いやつ使って死にましたからね……)。

ルプルプの謳う「海の恵み」。これは期待せずにはいられません。

公式サイト LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント



ルプルプヘアカラートリートメントの良いところ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-23-23-34-22

実際に届いた商品の内容はこんな感じ。トリートメント一本と説明書、商品パンフレットにお客様の声集。非常にシンプルで助かりますね。死ぬほど宣材チラシが封入されていた利尻カラーシャンプーとは大きく違います。

パンフレットには少女漫画チックなイラストが多用されているのを見るに、ルプルプは比較的若い女性層に人気であろうことが伺えますね。他の白髪染めはモロ高齢者向けのデザインだったりするので。

使用前にパラパラと商品パンフレットを眺めてみると、どうもルプルプの主要なキーワードである2つの語句が気になります。

  1. ガゴメ昆布「フコダイン」
  2. 海洋深層水

海洋深層水は”なんか良さげ”な語句として聞いたことはありますけど、ガゴメ昆布「フコダイン」についてはもうサッパリです。これではまともなレビューも書けないので、ちょっとパンフレットを熟読してみました。

ガゴメ昆布「フコダイン」とは?

ルプルプ

簡単に説明すると、「ガゴメ昆布」とは北海道函館の限られた地域にだけ生息する昆布で、非常にネバリが強いというのが特徴。そのネバリの成分のことを「フコダイン」と言い、このネバリ成分が育毛効果や免疫力向上など、健康と美容に非常に良いとのことです。

で、このフコダインというネバリ成分が頭皮の表面をヴェールのように覆ってくれるので、髪全体と頭皮を潤いで満たしてくれるのだそう。つまり一言で言うと、ルプルプなら髪がしっとり潤いますよーということですね。潤いとしっとり感が売りなようです。

海洋深層水ってなに?

「海洋深層水」って飲料水でもよく聞きますが、実際どういう意味なんでしょう?

海洋深層水とは、太陽の光が届かない水深200m以深の海水のことで、四季を通じて低温で安定していて汚染がないので、非常に清浄な海水です。長い年月をかけて深海をゆっくり循環しているので、人間の身体に不可欠なミネラルが豊富に取り込まれていくのです。

このような理由から、人間の身体・美容に非常に有効な効果があるとして話題になっているのだそうです。

人口成分の一切を除去! 天然無添加の成分のみで配合された優しい白髪染め

市販のヘアカラー商品と違って、ルプルプには脱色剤やジアミンなど刺激の強い人口成分は一切含まれていません。

市販商品で髪がパサパサに死んだ人、アレルギーなどで頭皮が赤くなったりかぶれた人でも、ルプルプなら天然100%の成分で作られているので安心です。

とくに白髪染めで問題になりやすいのが「ジアミン」というアレルギー成分です。ジアミンは染める力が強いので市販商品のほとんどに含まれていますが、人によっては強力なアレルギー反応を起こすコワい成分です。

参考痒い!白髪染めのかゆみ・かぶれはジアミンアレルギーが原因。対策対応は至急に!

ルプルプを始め、高品質なヘアカラートリートメントはこのジアミンを完全に除去しています。白髪染めやカラー剤で皮膚がかぶれやすい人は、必ずジアミン不使用の白髪染めトリートメントを使いましょう。

ルプルプなら安心です。

ルプルプヘアカラートリートメントで白髪染め実践レビュー!

ルプルプ

ルプルプの特徴が把握できたところで、実際に白髪染めしていきます。

ひとつ注意点ですが、ルプルプのトリートメントはシャンプー前の乾いた髪でするようにと注意書きがあります。色が定着するまでの最初の数回は必ずシャンプー前にとのこと。

色が定着した後の定期的な維持染毛の際はシャンプー後でも良いそうです。

白髪染めトリートメントはシャンプー前でも後でもOKな商品も多いので、この点は気を付けましょう。必ずシャンプー前の乾いた髪に塗っていくように。

白髪染めする前のBefore状態

白髪染めBefore

ちょっと写真撮るのが下手すぎて申し訳ないのですが、今回は前髪の部分を掻きあげてピックアップしてみました。こんな写真でもチラホラと白いものが混じっているのがわかると思います。

写真だと分かりにくいですが、実際には10倍ははっきりと白髪がうごめいております。本当に悲しいです……。月日が経つごとに確実に白髪の量が増えていってる気がします。ツラい。

という愚痴はさておき。

ルプルプを塗ってみます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-23-23-36-15

実際に塗った後の写真も撮ろうかと思ったのですが、とくに目新しい発見はないので割愛します。

ただ、写真では伝わらないものの、ルプルプを塗ってみて感じたことが2つ。

めちゃくちゃ良いアロマの匂い!

水っ気がやや少ない感じ?

とりあえず良い匂いです。塗ったそばから香るアロマの芳香。市販の安い白髪染めのようなツーンとした刺激臭とはモノが違いますね。ラベンダー、ローズマリー、オレンジなど天然精油配合による香りだそうです。これだけでリッチ感がスゴイ。

もう一つ感じたのは、思ったより水っ気がないな……という感じ。レフィーネのトリートメントなどに比べると、水っぽさがなくてちょっと固い?ような印象を受けましたね。素手で塗っているとゴワゴワするので、ちょっと全体に伸ばしにくいかなぁ……という感触。小さいことですが。

使用後の潤い感・しっとり感はベスト1かも

一つ驚いた、というか関心したのは、ルプルプを洗い流した後の髪のうるおいやしっとり感は今まで使ってきた白髪染めトリートメントの中でもベストワンでした。

所詮は宣材文句だと思っていましたが、ガゴメ昆布「フコダイン」の力はなかなか侮れませんね。確かに他のトリートメントと比べてもしっとり感が強いような気がします。

ルプルプ使用後の染まり具合は?

以前より当ブログをお読みいただいていた方、お待たせいたしました。

ようやくルプルプ一本使い切ったので、結果を見てみたいと思います。といっても、自撮りが下手すぎるので写真見てもわからないと思いますが……。

とりあえず、結果がこちら▼▼

髪の毛よりもまず肌が汚くてすみません。。。

写真だと光の反射具合で色が白く飛んでしまうので、白髪と黒髪が若干見定めにくいのですが、まぁまぁ白髪はきちんと処理できています。染まり具合はひとまず満足ですね。あとはこれがどの程度持つかどうか。

記事執筆時点で、ルプルプを使い切ってから2週間近く経っていますが、現在も黒髪を保っています。1ヶ月この状態をキープできれば優秀なんですが、どうなるか……。その辺はまた後日追記していきます。

髪へのダメージはほぼ感じません。驚くほどノーダメージ。トリートメントらしいしっとり感の方が印象に残りますね。

今のところかなり高得点です、ルプルプ。仕上がり具合は文句無し。あとはレフィーネより色持ちしてくれれば、今後も使い続けたいスターティングメンバーの仲間入りですね。

もともとネットでも評判高かったので、期待通りといったところかな。

というわけで、現場からは以上です。

ルプルプの料金、使用目安など

ルプルプ

料金について

  • 通常価格3240円
  • 初回お試し1980円

価格としては安くもなく高くもなくですね。高品質な白髪染めトリートメントは3000円〜4000円が相場なので文句ない値段です。初回2000円程度で買えるのは嬉しいですね。

お得な定期便コースももちろんあります。白髪染めは定期的に繰り返さなければならないので、コレと決めた商品は定期便で契約する方が手間的にも金額的にもお得です。

もちろん、定期便でなく単品で1本だけ購入することも可能なのでご安心を。

公式サイト LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

色は4色から選べる

ルプルプ

選べる色は「ダークブラウン」「ブラウン」「モカブラウン」「ソフトブラック」の4色です。

トリートメントタイプの白髪染めは脱色剤を使わないので、基本的に明るい色ほど発色しにくいです。そのため明るめのブラウンだと思ったような色にならないことも多いかもしれません。

また、白髪染めはおしゃれ染めに比べて染料が濃いので、ブラックを選ぶとやや真っ黒な印象になりやすいです。私が今回使った「ソフトブラック」も”黒くなりすぎない”と書いてありますが、やや黒染めした時のような不自然さは感じます(ちょっとだけ)。

ごく自然な柔らかい印象にしたいなら、ダークブラウンかモカブラウンあたりを選んでおいた方が無難かもしれません。

【補足情報】ルプルプは泡フォームの白髪染めもある

実はルプルプには、今回紹介したクリームタイプ以外にも、泡タイプのカラートリートメントがあります。

泡タイプのメリットデメリットを簡単にいうと下記の通り。

  • 【メリット】10分で素早く染まる
  • 【デメリット】内容量が少ない(割高)

クリームタイプの白髪染めが放置時間15分〜30分程度必要なのに対して、泡フォームタイプの白髪染めは放置時間10分程度でOKです。それだけ、泡タイプは染める力が強いということですね。

泡といっても、感触としてはジュクジュクしたムースに近い感じです。実際にこちらもレビューに書いているので気になる人は参考に。

クリームタイプと泡タイプの両方使ってみた感じ、品質としては泡タイプの方が良い気がしますが、いかんせん泡タイプは中身が少ないです。ムースなので1本の量がかなり少ない。

付属パンフレットには【80g=約40ブラシ分】と記載があるので、ショート(1回10ブラシ目安)なら4回分、セミロング(1回15ブラシ目安)なら3回分もない計算です。

内容量80g=約40ブラシ分しかないと……

  • ショートヘアなら4回(1回10ブラシ)
  • セミロング以上なら3回が限界(1回15ブラシ)

ヘアカラートリートメントは週2回くらいの継続使用が必要なので、ヘアカラーフォームだと1本で半月しかもたないことになります。

それでいて、価格はクリームタイプより高い!

この辺りが考え所ですね。

泡タイプの価格

  • 1本お試し:通常3780円/初回限定1980円
  • 2本定期コース:通常7560円/初回限定3780円

※税込
※全額返金保証付き!

購入サイト ルプルプ ヘアカラーフォーム

 

まとめ

使用してみての第一印象はまずまず良好だったルプルプですが、購入後のアフターメールがやや頻繁に送られてくる点がちょっとマイナスかも。メール拒否設定し忘れたのかもしれませんが、あったかな……。

総評的に、使用後の髪の保湿感というか、しっとり感は一品でしたね。さすがガゴメ昆布「フコダイン」を謳っているだけあり、他のトリートメントより潤いに満ちていたと思います。

ただ、個人的には染料にもうちょっと水っぽさが欲しいかな、というところ。私はまず素手で髪全体に揉み込んでから最後にコームで伸ばしていく手法なので、水っぽさがないと素手で揉み込みにくいというか広げにくいというか、そんなところです。細かい点ですが。

とはいいつつも、初回お試しキャンペーンで1980円はかなり良心的。初めてトリートメントタイプの白髪染めを試してみたいという人は、ルプルプで試してみるのがいいですよ。

白髪に悩んだら揃えるべきもの

1

本格的に白髪染めを初めて1年以上、今まで10本以上の白髪染めを試してきてつくづく実感したことは、白髪 ...

2

サプリで白髪が治せるとは思っていないものの、「やらないよりはやった方がプラス」という気持ちで白髪予防 ...

3

私も以前はドラッグストアやスーパーで並んでいる市販シャンプーを使っていたのですが、どうも頭皮が痒くな ...

-白髪染めトリートメントレビュー

Copyright© 若白髪王子|おすすめ白髪染めを全て実践する口コミレビューブログ , 2017 All Rights Reserved.