白髪染めの知識

美容院での白髪染めはカラー料金でOK!明るい色にできる?色もち具合は?

投稿日:

美容院に「白髪染め」というメニューがない!

白髪染めするようになった人は誰もが疑問になること。それは、美容院で白髪染めしようにも「白髪染め」というメニューがない! なに、どうやって予約注文すればいいの……?

理容室とか一部の店舗では白髪染めというメニューを設けている場所もあるのですが、おしゃれめな美容室で白髪染めってメニューはあんまり見たことがないですよね。

普通の「カラー」のメニューでOK

ということで、年に数回は美容室でも白髪染めしている私がこの疑問に答えますと、

若白髪王子
美容室では通常の「カラーリング」で白髪染めも対応可能です。ただし、「白髪を染めてほしい」という旨を美容師さんに先に伝えておくことが大事です

そう、一般的な美容室では、普通のおしゃれ染めのカラーリングで白髪染めにも対応できます。なので、カラー料金を見ておけばOK。

ただし、白髪が多いこと、つまり「白髪染め」をして欲しいことは予め美容師さんに伝えておかないとダメです。なぜなら……

白髪染めとおしゃれ染めは薬剤の配合が違う

白髪染めもおしゃれ染めも、「髪に色をつける」という点では同じ施術です。なので美容室では「カラー」と一括りされています。

しかし厳密に言うと、白髪染めとおしゃれ染めでは薬剤の配合が変わってきます。白髪染めは「白髪に色をつけること」をベースに薬剤を調合し、おしゃれ染めは「黒髪に色をつけること」をベースに薬剤を調合します。

美容師さんと希望のカラーを打ち合わせると、後ろでカラー剤の調合に入りますよね。市販の商品とは違い、美容室のカラーは「オーダーメイド」なので、最初に「白髪をしっかり染めたいです」と伝えておけば、そこで”白髪染め用の調合”をしてくれます。

 

美容院での白髪染めは明るい色に染められるの?

基本的に、白髪染めは明るい色には染められない

白髪染めは「白髪を染める」のが目的のため、仮に明るい色を入れても白髪部分だけが明るくなり、黒髪部分はそこまで明るくならないので全体がおかしいことになるからです。黒は最も強いカラーなので、白と黒を合わせるには黒の方に近づけるしかないのです。

なので、美容院でも店によっては(白髪染めで)明るい色は無理ときっぱり言われます。それを事前に知らずに美容院で白髪染めすると、仕上がりの色合いを見て(黒すぎ……)と不満を抱きがちなので予め理解しておきましょう。

美容師の腕によって、7トーンくらいの明るさは出せる

ただ美容師に話を聞くと、その辺も美容師の腕によってくるもので、上手い美容師(美容院)だとある程度は白髪染めでも明るい色を作れるようです。

実際に私が今年から行き始めた新しい美容室では、白髪染めでもブラウンで7トーンくらいの明るさには染めてもらうことができました。

https://item.rakuten.co.jp/auc-athomecare/sdia2-2/

美容師さんに聞きましたが、白髪染めだと大体5〜7トーンくらいが良いとのこと。8トーン以上になると白髪が染まりにくくなるそうです。

 

美容院の白髪染めは色もちも良い!ただ明るい色だと色落ち早い!

やはりプロに染めてもらうと、セルフで染めるよりは色もちも良いです。私はあまり頻繁に美容院で染めるほど金持ちでもないので、

美容院で染める → セルフでヘアカラートリートメントを使ってキープ → それでも隠せなくなったら美容院

というサイクルで白髪染めをしていますが、美容院で一度しっかり染めれば1ヶ月半〜2ヶ月くらいは色もちしてくれる印象です。

ただし、明るい色にするほど色落ちが早くなります。体感的に7トーンくらいの明るさにすると、1ヶ月もしたら白髪部分だけ褐色のようにキラキラしはじめます。キラキラしてくると、それが白だろうが赤褐色だろうが関係なく結局目立ちはじめてしまいます。

なので、色もち重視ならなるべく暗いダーク系の色にしておいた方がいいと思います。

私の場合、美容院で7トーンくらいの明るさで白髪染めした場合、白髪部分の色が落ちて褐色にキラキラしてきたら、その都度 利尻ヘアカラートリートメント のナチュラルブラウンを使って補修キープしています。

トリートメントの白髪染めなので、カラーで傷んだ髪を補修しながら髪表面に色を足して色もちをキープしてくれます。トリートメントでセルフ染めすると褐色キラキラの白髪をボカすことができるので、これだけでかなり目立たなくなります。

美容院に行く回数も減らせて節約にもなるので、色キープ用のヘアカラートリートメントは必須です。

レビュー記事
利尻ヘアカラートリートメントの口コミ評判を検証!白髪染め結果を写真付きで公開!

白髪に加え、白髪染めの繰り返しによるダメージヘアのせいで、先月久しく会った友人に「なんかお前老けたな ...

 

美容院では白髪染めのリタッチはできる?

美容室では、カラーのリタッチに対応してくれるお店は多いです。

白髪染めの「リタッチ」というのは、染めた後に伸びてきた根元の部分だけ再度カラーリングすることです。根元から生え変わってきた数センチ分だけ染めるので、毛先の髪を再カラーで傷めることなく髪全体の色合いを整えることができます。

髪は一般的に1ヶ月で1cm程度伸びるので、2ヶ月に1回伸びた分だけリタッチする人もいます。ただ、白髪染めの場合は毛先の色もどんどん剥げ落ちてキラキラしてくるので、私はリタッチは基本していません。

カラーのリタッチについては、美容室ごとにかなり違うのでまずは相談した方がいいです。メニュー表にも書いていないことが多いので。公式HPなどには記載があるケースもあるので、一度お店のホームページをチェックしておくといいですね。

中には、根元1cm〜3cmまでと細かく基準が決まっているお店もあります。また値段設定も結構バラバラな印象です。

まとめ

若白髪王子
美容室では、一般的に白髪染めも通常の「カラー」として施術してもらうことができます。ただし、白髪を染めて欲しいことは予め美容師さんに伝えておきましょう。

再現可能な明るさやリタッチについては、あくまで美容室によってマチマチです。まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

白髪に悩んだら揃えるべきもの

1

若白髪王子こんにちは。白髪染めはトリートメントタイプに変えてから、髪がきれいに若返った私です。 本格 ...

2

本格的に白髪に悩み始めてから、私は白髪染めとは別に、食生活の改善やサプリメントの摂取という根本原因の ...

3

若白髪王子白髪に悩み始めている人は、シャンプー選びを今日から変えなければなりません。 私も以前はドラ ...

-白髪染めの知識

Copyright© 若白髪王子|おすすめ白髪染めを全て実践する口コミレビューブログ , 2018 All Rights Reserved.