白髪染めの知識

髪痛むのイヤ!白髪染めとおしゃれ染めはどっちが髪が傷みやすい?

更新日:

photo credit: Timothy Neesam (GumshoePhotos) Flora via photopin (license)

若白髪王子
「おしゃれ染め」なんて言葉がもはや遠い過去の青春の響きに聞こえる私です。

白髪に悩み始めた人は、白髪を隠すのに「白髪染め」にするか「普通のおしゃれ染め」にするか迷うと思います。特に気になるのは、

  • 色の染まり方
  • 髪の傷みや頭皮へのダメージ

この2点の違いでしょう。

このうち、「白髪染めとおしゃれ染めの色の染まり方の違い」については下記記事にまとめているのでそちらを参考に。簡単に言っておくと、おしゃれ染めでは白髪はキレイに染まりませんので注意して下さい。

ただ、チラホラ白髪程度なら、おしゃれ染めで髪全体を明るめにすることで目立たなくさせる方法もあります。その場合に気になるのが髪へのダメージ。

この記事では、白髪染めとおしゃれ染めではどちらが髪の傷みが大きいのか? について書いていきたいと思います。

そして結論から言ってしまうと、どちらかと言えば

白髪染めの方が髪が傷みやすい

と言えます。

「美容室の場合」と「市販の場合」とで、下記で詳しく解説していきます。

 

美容室の場合、白髪染めとおしゃれ染めで傷み・ダメージは基本変わらない

黒髪 女性

美容室でプロにやってもらう「ヘアカラー」の場合、白髪染めもおしゃれ染めもダメージ量は大差ありません。なぜなら、白髪染めとおしゃれ染めは薬剤の配合量などが異なってくるだけで、カラーリングの仕組みは同じだからです。

若白髪王子
そもそも、美容室では「おしゃれ染め」と「白髪染め」で区別せずにカラーというメニューで統一しているところが多いですよね。

ヘアカラーの「2剤式」と言われるように、どちらにも元の色を抜くための脱色剤(ブリーチ剤)と、新たな色をつけるための染毛剤が含まれています。

傾向で言えば、

  • おしゃれ染め:脱色剤の量が多く、染毛剤は少なめ
  • 白髪染め:脱色剤の量が少なく、染毛剤は多め

と言えます。

髪を傷める最大の原因は、髪表面のキューティクルをこじ開ける脱色剤にあります。そのため脱色剤の量が多いおしゃれ染めの方が傷むのでは? と思われますが、これも一概には言えません。

脱色剤は明るい髪色にする時ほど量が必要になるので、おしゃれ染めでも暗めの色なら脱色剤は少量で良いですし、明るい色に染めるほど量が必要になります(=つまりダメージが大きい)。

要するに、髪へのダメージは白髪染めかおしゃれ染めかというより、

どの程度明るい色にしたいのか?

によって変わってきます。当然、明るい色ほどブリーチの量が多くなるのでダメージは大きいです。

 

市販のヘアカラーは「白髪染め」も「おしゃれ染め」も死ぬほど傷みます

白髪染めでもおしゃれ染めでも、スーパーやドラッグストアに並んでいるような市販のヘアカラー商品は圧倒的にダメージ大きいです。私も経験しましたが死ぬほど髪が傷みます

これはもう白髪染めもおしゃれ染めも関係なく、脱色を用いる「ヘアカラー」である以上は同じです。

1000円程度の市販商品は、美容室とは使用されている薬剤が全く違います。市販の商品は素人がテキトーに塗ってもそれなりに染まるように、非常に強力な薬剤が使われています。

若白髪王子
私は2回使っただけで髪がパサパサのキシキシになって死にました

原材料の脱色剤も染毛剤も総じて安価でチープなので、市販商品は傷むどころか色落ちもめちゃ早いです。

⇒後悔する人多数!市販の白髪染めは色落ち早いしダメージで髪が傷みすぎる!

セルフで白髪染めしたいという人は、後述で紹介しますが「ヘアカラー」ではなく「ヘアカラートリートメント」で染めましょう。トリートメントであれば脱色剤を使わないので髪を傷めることがなく、むしろダメージ補修しながら染めることができます。

 

それでも白髪染めが傷みやすい理由

髪を染めるペース(頻度)の問題

photo credit: H o l l y. day 062. via photopin (license)

photo credit: H o l l y. day 062. via photopin (license)

結局なぜ白髪染めの方が髪が傷んでいくかというと、単純に白髪染めの方が染める頻度が多くなるからなんです。

おしゃれ染めは気分でするものですが、白髪染めは定期的なミッションです。おしゃれ染めは1ヶ月経って根元がプリンになってきても許せますが、白髪染めは1ヶ月で根元が光ってきたり色落ちしてくるとまた染め直しが必要になりますよね。

若白髪王子
本当に白髪染めはツラい。

美容院でプロに白髪染めしてもらってる人でも、平均的2ヶ月に1回はカラーリングするでしょう。そんなハイペースで薬品浴びせてたらそりゃ傷みますよ。しかも市販の安物なんて使っていたらもうボロボロです。

(ちなみに、白髪染めしている人は大体月1回くらいのペースみたいです↓)

⇒白髪染めの頻度ってどれくらい?みんなの白髪染めペースを聞いてみた

アレルギーの心配。ジアミンの量は白髪染めの方が多い傾向

もう一つ、髪の傷みではなく頭皮に関係するのが「ジアミン」というアレルギー成分です。

ジアミンは染める力が強い成分でヘアカラー商品の多くに含まれていますが、人によっては重度のアレルギー反応を起こすことで危険視されています。頭皮にかゆみやかぶれを起こすのはまだ可愛い方で、ひどいと頭皮を超えて首や胸のあたりまでアレルギーが広がるほど重度になるケースもあります。

参考記事白髪染めのかゆみ,かぶれ症状はジアミンアレルギーが原因。対策対応は至急に!

先に述べましたが、白髪染めはおしゃれ染めより染毛剤の量が多く配合されています。これは白髪が黒髪より染まりにくいためなのですが、染毛剤の量が多いということはその中に含まれるジアミンの量も多くなります。

頭皮にかぶれやかゆみ、赤みなどが出やすい人はジアミンフリー(ジアミン不使用)の白髪染めを選ぶようにしましょう。

(下記記事を参考に↓)

アレルギー成分不使用!ジアミンフリーの白髪染めおすすめ5選

若白髪王子白髪染めやヘアカラーで、「かゆみ」「かぶれ」「赤みの腫れ」などアレルギー反応が出やすい人は ...

髪を傷めずに白髪染めするならヘアカラートリートメント

AdinaVoicu / Pixabay

AdinaVoicu / Pixabay

天然無添加で髪を傷めない

美容室に通うのはお金がかかる、でも髪を傷めずに白髪染めをしたいのなら、ヘアカラートリートメントで染めるようにしましょう。

「ヘアカラー」商品は傷みの元凶となる脱色剤や人口成分を用いますが、「ヘアカラートリートメント」は天然100%で人口成分や脱色剤を用いません。1回で染めず、繰り返し使って徐々に染めていくことで髪を傷めずに白髪染めすることが可能なカラーリング手法です。

⇒白髪染め種類と特徴、選び方|カラートリートメントがおすすめな理由。

 

私も市販ヘアカラーで死んでからカラートリートメントに変えましたが、それ以降は1年以上白髪染めしている今現在も全く髪を傷めていません。むしろ天然美容成分が配合されているので、髪を補修ケアしながら染められています。

高品質なので市販の安いやつより当然高いですが、髪を傷めないだけでそれ以上の価値があります。

私が愛用するおすすめカラートリートメント

私は色々な白髪染めトリートメントを試していて、最低限紹介できる基準の商品は全てレビュー記事を当サイトに掲載しています。

総合ランキングとしてもまとめているので、いろいろ物色して見たい人は参考にどうぞ↓

実際使った白髪染めトリートメントのおすすめ比較|ランキング形式で総まとめ!

若白髪王子こんにちは。白髪染めはトリートメントタイプに変えてから、髪がきれいに若返った私です。 本格 ...

「とりあえず一番良いやつ教えて」という人には、ランキング1位で私も愛用している「 利尻ヘアカラートリートメント 」をおすすめします。

利尻ヘアカラートリートメント

無添加・ノンシリコンで髪に優しいですし、染まり具合も一番満足できました。私の髪質と合っていたんだと思いますが、私の中ではこれがダントツでした。

長く使っていますが、染まり具合も文句ないですし、髪や頭皮へのダメージは全く感じません。ノンジアミンなのでアレルギー体質の人や痒みかぶれの出やすい人でも安心です。

そして実際にこちら、日本で一番売れている白髪染めトリートメントでもあります。

ちなみに、私は同じ利尻ブランドの「 利尻カラーシャンプー 」と併用して使っています。

トリートメントでしっかり染めてから、週に2回か3回くらいカラーシャンプーで色持ちを補修という感じです。色々試したところ、この組み合わせが一番色持ちが良さげです。

若白髪王子
白髪染め商品に関しては、利尻ブランドは圧倒的に強いですね。

「市販の白髪染め使ってたら、髪が傷んでボロボロ…」

そんな人は、ぜひ試してみてください(初回2000円で購入できるのでめちゃ安いですよ)。

>> 利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

 

 

 まとめ

白髪染めとおしゃれ染め、施術単位では基本的に髪へのダメージはそう変わりませんが、染める頻度などトータルで見れば白髪染めの方が髪は傷めやすいと言えます。

その分、白髪染めは髪へのダメージを徹底的にケアした「カラートリートメント」が主流になっているので、髪の傷みに辟易としている人は切り替えましょう。

傷んだ髪は白髪同様に老けてみえるので、きちんと良い商品を使ってケアしてあげましょう。

髪・頭皮・地肌に優しい!天然無添加の白髪染めおすすめランキング【トリートメント】

白髪染めをする上で、最も気を配らなきゃいけないのは髪や頭皮へのダメージです。 いくら白髪を隠せたって ...

白髪に悩んだら揃えるべきもの

1

若白髪王子こんにちは。白髪染めはトリートメントタイプに変えてから、髪がきれいに若返った私です。 本格 ...

2

本格的に白髪に悩み始めてから、私は白髪染めとは別に、食生活の改善やサプリメントの摂取という根本原因の ...

3

若白髪王子白髪に悩み始めている人は、シャンプー選びを今日から変えなければなりません。 私も以前はドラ ...

-白髪染めの知識

Copyright© 若白髪王子|おすすめ白髪染めを全て実践する口コミレビューブログ , 2018 All Rights Reserved.