頭髪コラム・豆知識

白髪染めでフケが急に増えた時の原因と改善対策|カラー剤とシャンプーを見直す必要性

投稿日:

白髪染めを初めて急にフケが増え始めるという人がいます。私も学生の頃から乾燥肌で、特に冬の時期はフケに悩まされてきた人生なので、白髪染めをする上でフケの発生には人一倍気を使っています。

フケというのは「頭皮のアカ」であり、一般的なイメージでは不潔そのもの

参考までに婚活市場が出している調査結果によると、女性が男性に対して第一印象でマイナスに感じるポイントでは「フケ」が第一位です。

(引用:https://dime.jp/genre/195068/?first=1

若白髪王子
他人からどう思われようがどうでもいいという人は別ですが、そうでなければフケは絶対に治しましょう。致命的なマイナス印象になるので。

さて、一般的にフケには、

  • 乾性フケ(乾燥フケ)
  • 脂性フケ

という2つの種類があります。

白髪染めやシャンプーなど美容品の性質によりフケが増えるパターンは、乾性フケの可能性が高いです。パラパラと粉のように吹くフケがそれです。

フケの種類と特徴

<乾性フケ>
……頭を掻くとパラパラ落ちるフケ。乾燥して頭皮から剝がれ落ちた角質。乾燥肌の人に多い。

<脂性フケ>

皮脂が混じってベタっとしたフケ。乾性フケより大きな塊になりやすい。脂性肌の人に多い。

白髪染めを初めて急にフケが増えた気がする……という人は、以下の要因に当てはまっていないでしょうか?

  • 市販のヘアカラー白髪染めを使ってセルフ染めしている

または、

  • 市販の安いシャンプーを使っている

当てはまっている人は、今日から白髪染め(またはシャンプー)を見直した方がいいです。

下記で詳しく説明していきます。

 

フケの原因は頭皮の「乾燥」と「荒れ」

乾性フケは、頭皮の角質が剥がれ落ちたものです。

地肌は常に新陳代謝により、古い表皮が剥がれ新しいものに生まれ変わるというサイクルを繰り返しています(ターンオーバーと言います)。通常はその周期(古い表皮が垢となって剥がれ落ちるまで)は28日前後だとされていますが、何らかの原因でターンオーバーが早まると、成長途中の表皮がゴソッと塊で剥がれ落ちてしまうことがあります。これがフケです。

とくに頭皮が乾燥していたり、荒れていたりするとフケは発生しやすくなります。

頭皮の乾燥や荒れを起こす原因は、内的要因と外的要因と多々あります。

主な原因

<内的な要因>

  • ストレス
  • 栄養不足
  • 乾燥肌体質
  • 脂性肌体質
  • 加齢
  • 病気

<外的要因>

  • パーマやカラー剤による刺激
  • 洗浄力の強いシャンプーによる乾燥
  • 季節的要因
  • 薬などの副作用

白髪染めをしたりシャンプーを変えたりした後に急にフケが増えだした場合、疑うべきはやはり白髪染めとシャンプーです。

どちらも、質の悪いものを使うと肌荒れ・乾燥を引き起こす原因になるからです。

市販の白髪染めでフケが出る原因と対策

市販の白髪染めヘアカラーは過酸化水素水に注意

スーパーやドラッグストアに並んでいるような1000円以下の白髪染め(いわゆる市販の白髪染め)は、染毛と脱色を同時に行う「2剤式ヘアカラー」であることがほとんどです。1剤と2剤で薬剤が2つあり、混ぜてつかうタイプのやつです。

このうち2剤に含まれる過酸化水素水という脱色剤成分が非常に強力で、頭皮や髪に大きな負担をかけます。とくに市販の商品は”誰がやってもある程度しっかり染まる”ように、めちゃくちゃ強力な成分が使われています。それだけダメージも大きいです。

私も最初は市販の800円くらいの白髪染め使っていましたが、数回使っただけで頭皮に赤い炎症が出たのですぐに辞めました。市販製品にはアレルギー成分である「ジアミン」も含まれているので、肌が弱い人やアレルギーが心配な人は避けた方が賢明です。

白髪染めが原因でフケが増えた人は、多くが市販の安い白髪染めでセルフ染めしていないでしょうか? その場合、知らず知らずに頭皮に大きなダメージを与えて肌荒れを引き起こしている可能性が高いです。

乾燥肌、敏感肌、アトピー体質のような人は、カラー剤など化学成分の影響をモロに受けやすいので、とにかく刺激の少ないものを使うことを徹底しましょう。

フケ対策には低刺激の白髪染めがおすすめ

過酸化水素水(2剤)を使わない低刺激の白髪染めに替えることです。

(本当は美容院でプロに施術してもらうのがベストですが、そんなお金があれば最初から市販使ってない人が多いと思うのでここでは却下)

過酸化水素を使わない白髪染めとなると、ヘアカラートリートメントヘアマニキュアになります。ヘアマニキュアは髪洗うたびに落ちる一時的なものなので、やはりベストはヘアカラートリートメントです。

それぞれの染め方の特徴と違いは下記記事に詳しく書いていますが↓

ヘアカラートリートメントとは、繰り返し使うことで徐々に染めていくタイプの白髪染めです。ヘアカラーのように脱色剤(過酸化水素水)を使わないので永久染毛ではありませんが、天然の補修成分のみで配合されているので頭皮や髪にとにかく優しいのが最大のメリットです。

毎日のシャンプーで少しずつ落ちていくので、週に1回〜2回程度の定期的な染めで色味を持続キープします。

私は美容院+ヘアカラートリートメントで長いこと乗り切っていますが、良質なトリートメントに替えてからフケや頭皮荒れに悩むことは一切なくなりました。保湿効果もあるので髪のパサつきもかなり治まります。

私が愛用している 利尻ヘアカラートリートメント 。白髪染めトリートメントでは日本で一番売れている商品です。1本3000円程度しますが、それで頭皮のダメージやフケの心配をしなくて済むなら安いもの。

過酸化水素水やジアミンなど人口成分は一切入っておらず、天然無添加の成分のみで配合されている優しい白髪染めです。フケ解消したい人は使ってみる価値ありです。

公式HP利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

レビュー記事
利尻ヘアカラートリートメントの口コミ評判を検証!白髪染め結果を写真付きで公開!

白髪に加え、白髪染めの繰り返しによるダメージヘアのせいで、先月久しく会った友人に「なんかお前老けたな ...

続きを見る

 

市販シャンプーでフケが出る原因と対策

石油系の洗浄成分に注意

フケの原因で意外と多いのがシャンプーです。

シャンプーは各々の肌質と相性が合う合わないの問題もありますが、それ以上に石油系成分のシャンプーを使うことが大きな要因です。

石油系成分(石油系界面活性剤=ラウリル硫酸Naなど)とは、洗浄力を強める成分で、主にシャンプー時のモコモコ泡やスカッと感を出すために配合されているもの。残念なことに市販シャンプーのほとんどに石油系洗浄成分が使われています。

市販シャンプーが少量の液でも気持ちよく泡立ってくれるのはこのためですが、洗浄力が強すぎるために、本来頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ洗い落としてしまうことが問題視されています。

皮脂は地肌を外部からの刺激や異物から守る「バリヤ」の役割を果たしているので、これを根こそぎ洗浄してしまうと乾燥の原因になりますし、バリヤがなくなるので炎症が起きやすくなります。「シャンプーのしすぎは良くない」と言われるのはこのためです。

市販シャンプーの落とし穴についてもっと詳しくは下記記事にまとめていますので参考にしてください。

また特に男性の場合、シャンプーの仕方が雑すぎてガシガシ洗う人が多いです。これも頭皮にとっては最悪で、自ら角質を削り取ってフケを生んでいるようなものです。

若白髪王子
ちなみに、皮脂の洗い落としすぎは、逆に皮脂の過剰分泌を促すことになり嫌なニオイの原因になったりするので最悪です。

フケ対策にはアミノ酸系シャンプーがおすすめ

石油系シャンプーは、成分に「ラウリル硫酸(ナトリウム)」といった表記が記載されています。それ系のシャンプーは避けて、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーに替えましょう。

ガシガシと力を入れて洗うのではなく、指の腹で優しく円を描いてマッサージするように洗うこと。弱酸性なので今まで使っていた石油系シャンプーより泡立ちが弱く感じることがありますが、それだけ天然で優しい成分を使っているということです。

「アミノ酸シャンプー」とか「ノンシリコンシャンプー」とかで検索すれば良いものは沢山見つかりますが、白髪に悩んでいる人なら「HARU 黒髪スカルプ・プロ(通称haruシャンプー)」というプロ御用達のシャンプーが良いです。

というのも、haruシャンプーはただのノンシリコンシャンプーではなく、「白髪」「抜け毛」「薄毛」に予防効果を持つシャンプーだからです。

具体的には、「ヘマチン」と「キャピキシル」という成分が含まれています。それぞれ白髪と薄毛の予防成分として知られたもの。

【ヘマチン】……黒髪を色素を生成するメラノサイトの活性化させ、白髪の原因である活性酸素を除去する効果

【キャピキシル】……育毛剤などで有名な発毛医薬品「ミノキシジル」の実に3倍の育毛効果を持つとされる天然成分。脱毛ホルモンをストップさせ、頭皮環境の乱れを改善してくれる効果

これらは通常、育毛剤などに含まれる成分ですが、普通のシャンプーでこの2つの成分を含んだシャンプーは他に知りません。

ちなみにharuシャンプーはトリートメント不要の美容シャンプーです。コレ1本でOK。トリートメント代が浮くので節約にもなるのが嬉しいです。

私も本職の美容師の方に教えてもらったシャンプーなので、今はもうシャンプーはほぼコレ一択です。レビュー記事も書いてますよ。

公式HP HARU 黒髪スカルプ・プロ公式サイト

レビュー記事
[口コミ]haruシャンプーの白髪効果に納得!黒髪スカルプ・プロはもう手放せない

今まで私は「白髪染めと相性の良いシャンプー」として何本かのノンシリコンシャンプーを使ってきましたが、 ...

続きを見る

 

そのほかのフケ対策

洗髪後はすぐにドライヤーで乾かす

お風呂から出たあとに髪を乾かさずに自然乾燥する派の人がいますが、これNGです。髪は濡れている時に最も菌が繁殖します。

ドライヤーをする時も、時短で乾かそうと高温をあてるのはダメ。頭皮が乾燥しすぎて角質が剥がれやすくなります。中程度の温風で、なるべく頭皮の遠くから風を当てて乾かします。

フケの改善になる食べ物

基本的に脂っこいものは避けましょう。とくに動物性脂肪の多い食事は頭皮の皮脂量を増やしすぎるので脂性フケの原因になりかねません。

バランスの良い食生活といえばそれまでですが、髪や頭皮に良いとされるのは良質なタンパク質や亜鉛です。となると、

  • 赤身肉・レバー
  • 大豆類(ナッツ・アーモンドなど)
  • フルーツ
  • 野菜

参考若白髪・白髪の予防対策に効く食べ物は?まずは食事の改善から!

といったあたりでしょうか。

私は自炊をほとんどしないため食事から十分な栄養を摂るのが難しく、白髪用サプリを飲んで栄養を補っています。外食中心だと野菜を摂るのにお金がかかりすぎるんです……。

サプリについてはこちらの記事参照↓

白髪サプリ
効果でた?白髪の予防改善に効くサプリメントを飲み続けた結果【口コミ】

本格的に白髪に悩み始めてから、私は白髪染めとは別に食生活の改善やサプリメントの摂取という方法も積極的 ...

続きを見る

それでも治らなければ皮膚科の専門医へ

フケに限らず、かゆみや炎症かぶれなど、どうも治らないと思ったら素直に皮膚科の専門医に相談しましょう。

とくにベタベタのフケ=脂性フケ(脂漏性皮膚炎)の場合、マラセチア菌という菌の繁殖が原因のケースが多いです。この菌は皮脂を栄養にして増殖して頭皮に炎症やフケを起こします。

このマラセチア菌は専門医からもらえる薬で減少させることができるので、ベタベタしたフケが思い当たる場合は相談した方がいいです。

まとめ

急にフケが増えた場合は、まず白髪染めやシャンプーを見直す必要があります。こうした商品は各々の髪質や体質との相性があり、ある人が勧める商品でも自分の頭皮に合わないケースが多々あります。

ひとまず言えることは、頭皮や肌に優しく低刺激な商品を使うようにしましょう。

白髪染めもシャンプーも、市販で大量生産されている低価格帯の商品は、それだけ原材料に安価で強力な薬剤が使われています。99%の人は成分のことなんか分からないのでブランドイメージだけで購入しますが、安いものには安いなりの理由があるものです。

白髪に悩んだら揃えるべきもの

1

本格的に白髪染めを初めて1年以上、今まで10本以上の白髪染めを試してきてつくづく実感したことは、白髪 ...

2

サプリで白髪が治せるとは思っていないものの、「やらないよりはやった方がプラス」という気持ちで白髪予防 ...

3

私も以前はドラッグストアやスーパーで並んでいる市販シャンプーを使っていたのですが、どうも頭皮が痒くな ...

-頭髪コラム・豆知識

Copyright© 若白髪王子|おすすめ白髪染めを全て実践する口コミレビューブログ , 2018 All Rights Reserved.