頭髪コラム・豆知識

白髪だけじゃない紫外線の恐ろしさ!頭皮のためにマジで対策しよう……

投稿日:

若白髪王子
あなたはきっと、紫外線の本当の恐ろしさを知りません……

紫外線(UV)とは太陽が発する太陽光線の一つ。太陽の下にでれば、私もあなたも常日頃から浴びている成分です。

「紫外線は肌を老化させる」

という事実は多くの人が知っているでしょう。

みんな日焼けとか肌の「見える部分」の対策はいつもしっかりしますよね。腕とか足とか顔とか、夏場は欠かさず紫外線対策のクリーム塗っている人は多いです。

でも、顔の2倍の量の紫外線を浴びている頭皮の対策は手を抜いていませんか?

よく考えれば当たり前ですけど、紫外線を1番モロに受けているのって頭皮です。紫外線によって頭皮の細胞が老化すると白髪や抜け毛の立派な要因になります。

正直、私も今まで紫外線対策は甘くみていたのですが、

『ある1枚の写真』

をみてから、マジで紫外線対策しよう……と恐怖すら覚えました。

その写真は、海外の皮膚病学者が「紫外線の恐ろしい影響」を研究発表した時に出したものですが、その写真を載せた記事は瞬く間に世界中に拡散され、私もニュース番組で取り上げられているのを目の当たりにしました。

その写真がこちらです……↓↓

 

左半身に紫外線を浴び続けたドライバーの写真

引用元http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1104059

この写真は、28年間トラックのドライバーを続けていた69歳の男性です。明らかに顔面が左右で違っているのが分かると思います。

要するに、28年間のドライバー人生で顔の左半分にずっと紫外線(日光)を浴びていたため、片側の肌だけが著しく劣化してしまったという事例です。

(※アメリカは左ハンドルなので、運転手の左半身に日光が当たります)

この患者を検査したところ、左半分の顔の皮膚には、

  • シワの増加
  • 角質の増殖
  • 黒ニキビ

などなど、顔面生皮膚疾患を起こしていることがわかったそうです。

若白髪王子
紫外線は窓ガラスも通り抜け、肌の外皮も通り抜け、真皮の上層まで浸透してくるとのこと。マジで怖い……。

もう……この写真を見ただけで説明はいらないと思います。

紫外線の頭皮への影響は甚大!白髪や抜け毛の原因にも

頭皮は顔面の2倍もの紫外線を常に浴びています。とくに何も対策をとっていないようだと、すでにかなりダメージを受けているかもしれません。

紫外線の頭皮への影響は、キューティクルが死んで髪がパサつくだけでなく、白髪や抜け毛の大きな原因になります。

頭皮は軽度のヤケド状態で細胞にダメージ

紫外線をずっと浴びているということは、言ってしまえば軽いヤケドを負っているようなもの。黒髪を作っている毛根の「毛母細胞」や「メラノサイト」は慢性的にダメージを受けています。

メラノサイトが機能しなくなると黒い色素(メラニン)が生成されなくなるので白髪が生えますし、毛母細胞が機能しなくなると髪そのものが作られなくなります。

皮膚や毛穴部分に炎症が起こるようになったら、すでに皮膚細胞が破壊されていると思った方がいいです。

 

白髪の天敵「活性酸素」も大量発生

紫外線を浴び続けると、体内では紫外線と戦うために活性酸素が大量発生します。この活性酸素は細胞を酸化させる働きがあり、白髪の最大の敵でもあります。増えた活性酸素がメラノサイト(黒髪の色素を作る細胞)を酸化させてしまうからです。

活性酸素はストレスでも激増するのでストレスは白髪の敵なわけですが、紫外線も同様というわけです。

⇒白髪はストレスが大きな原因。老化を加速させる活性酸素と血行不良

ストレスでも紫外線でも、活性酸素が体内で増えると辺りの細胞をどんどん酸化して老化させていきます。もう一度先ほどのドライバーの写真を見てみると、

明らかに左側だけ段違いに「老化」しているのが分かります。これが活性酸素の力です。

髪の主成分「ケラチン」が破壊されてダメージヘアに

髪の毛は「ケラチン」というたんぱく質を主成分にしていますが、紫外線によって発生する活性酸素はこのケラチンも破壊します。

要するに、髪のキューティクルが剥がれやすくなり水分が抜け出てしまうことで、髪はパサつき、切れ毛や枝毛が多くなったりとダメージヘアになります。

 

健康な髪や頭皮を守る為!今日からできる紫外線対策

若白髪王子
マジのマジで、今日から紫外線対策しましょう。

顔や腕や足だけじゃダメです。
頭皮も顔と繋がった1枚の皮膚であることを忘れないでください。

頭皮と髪を守るための紫外線対策をいくつか挙げておきます。

といっても、ごく基本的なことばかりです。

帽子や日傘は必須

1番基本です。太陽の下を歩くときは帽子をかぶるか日傘をさしてUVカットしましょう。

最近は男性向けの日傘も人気が出てきているようです。

髪の分け目を同じにしない

毎回同じところで髪を分けている人は要注意。つねに同じ部分の地肌が紫外線に晒されているため劣化しやすいです。

定期的に分け目を変えるなどして一箇所に集中しないように対策しましょう。

UVカット用のヘアスプレー


人気のUVカットスプレーもあります。帽子や日傘などで対応しきれない人はせめてスプレーで対策しておきましょう。

ただAmazonレビューをみると、オレンジフラワーとジャスミンの香りがやや強いという意見もあるようなので、男性にはちょっと微妙かも……?

とはいえ、他にもUVスプレーは色々ありますのでお好みで。

毎日のシャンプーでも白髪・抜け毛のケアを

髪や頭皮のダメージケアにはシャンプーの存在が欠かせません。紫外線で疲弊した頭皮は、なるべく高品質なシャンプーで労ってあげましょう。

白髪・抜け毛予防シャンプーとしては、他の記事でも幾度と紹介している「 HARU 黒髪スカルプ・プロ 」がマイベストです。

白髪予防成分「ヘマチン」と育毛成分「ミノキシジル」が使用されている他にはないアンチエイジングシャンプーです。

詳しくはレビュー記事も書いていますのでそちら参考に。白髪予防には本当にいいシャンプーです。

>> HARU 黒髪スカルプ・プロ公式サイト

[口コミ]haruシャンプーの白髪効果に納得!黒髪スカルプ・プロはもう手放せない

今まで私は「白髪染めと相性の良いシャンプー」として何本かのノンシリコンシャンプーを使ってきましたが、 ...

続きを見る

最終奥義「外にでない」

最強のUV対策ですね。「外にでない」。

天気予報みて紫外線ヤバそうだったら、もうその日は家で大人しくしていましょう。

……って、それができたら誰も苦労しないんですけどね(笑)。

若白髪王子
ちなみに、太陽がでていない「くもり」であっても紫外線はガンガン届いているので対策を緩めないように

 

まとめ

私は紫外線対策のためにとりあえず帽子をいくつか買いました。ただ、帽子もあまり締め付けの強いものを長時間つけていると頭皮と髪を傷めるというので中々うまくいかないものです。

とはいえ、紫外線で写真のおじいさんみたいになる方がイヤなので我慢します。

仕事柄、炎天下に頭皮をさらしやすい人は、特に紫外線に気をつけてくださいね。

白髪に悩んだら揃えるべきもの

1

本格的に白髪染めを初めて1年以上、今まで10本以上の白髪染めを試してきてつくづく実感したことは、白髪 ...

2

サプリで白髪が治せるとは思っていないものの、「やらないよりはやった方がプラス」という気持ちで白髪予防 ...

3

私も以前はドラッグストアやスーパーで並んでいる市販シャンプーを使っていたのですが、どうも頭皮が痒くな ...

-頭髪コラム・豆知識

Copyright© 若白髪王子|おすすめ白髪染めを全て実践する口コミレビューブログ , 2017 All Rights Reserved.