頭髪コラム・豆知識

若年齢なのにヒゲや眉毛に白髪が……。白髪染めすべき?どうすべき?

更新日:

RyanMcGuire / Pixabay

白髪は頭髪だけのものではありません。ヒゲや眉毛、鼻毛、まつ毛、アンダーヘアに至るまで、体毛であるからには全て白髪になる可能性はあります。

髪の毛であれば、大量の黒髪に紛れるのでまだ白髪が隠れやすいですが、ヒゲや眉毛は顔面ど真ん中で周囲の毛量も少ないため、人の目に入りやすいのが悩みどころ。

今回は、そんなヒゲや眉毛白髪について書いていきます。

 

ヒゲや眉毛も、白髪になるメカニズムは頭髪と同じ

Markgraf-Ave / Pixabay

Markgraf-Ave / Pixabay

ヒゲや眉毛に白髪が生える現象も、体毛であるからには頭髪のそれと同じです。

毛根で毛を作る「毛母細胞」と、黒髪のインクとなるメラニン色素を生成して毛に供給する「メラノサイト」の機能が低下し、メラニンを作れなくなったり、毛に供給できなくなることで、髪に色がつかないまま(白髪)生えてきてしまいます。

⇒20代30代の若さでなぜ若白髪に?白髪の原因とメカニズムとは

白髪自体は、ストレスであったり食習慣・生活習慣の悪化が主な原因であり、血行不良で栄養が届かなくなったり、活性酸素が細胞を酸化させて破壊してしまったりといったケースがあります。

【白髪の主な原因】

  • 栄養不足
  • 血行不良
  • ストレス
  • 眼精疲労
  • 表情筋のこり
  • 皮膚への外的ダメージ
  • 色素細胞の枯渇
  • 皮膚疾患

関連若白髪はストレスが大きな原因。老化を加速させる活性酸素と血行不良

ただ、ヒゲや眉毛に限っては、「毛を抜くことによる毛根へのダメージ」も大きな要因として考えられます。

白髪は基本抜いてはいけません

これは、抜くことによるメリットがない(また白髪が生えてくるだけ)にも関わらず、抜くことによって毛根や頭皮にダメージを与えてしまうからです。

一回抜いただけで、メラノサイトが破壊されるなんてことはないですが、白髪が伸びてくるたびに繰り返し抜いていくと、ダメージはどんどん蓄積されていき、メラノサイトや毛母細胞をついに破壊してしまうことになりかねません。

⇒白髪を抜くと楽しい・気持ちいいと感じ始めたら危険!ハゲるよマジで!

眉毛は整えるために、ヒゲは”なんとなく気持ちいいから”と、毛を抜くのがクセになっていませんか?

毛を抜きまくると毛根にダメージを与えるだけでなく、肌にもダメージを与えて炎症の原因になるので、引っこ抜きたくても我慢するのが賢明です。

ヒゲ白髪と眉毛白髪の対策は?

stokpic / Pixabay

ヒゲ白髪はカットか剃るか

ヒゲ白髪の場合は、大人しくカットするか剃るかのどちらかにしましょう。

くれぐれも抜いてはいけません。

白髪が生えてきているということは、少なくとも「メラノサイトが正常に働いていない」ということです。そこへ追い打ちをかけるようにダメージを与えたら、それこそ”トドメ”を刺してしまいかねません。

眉毛白髪は抜けるのを待つか染めるか

眉毛白髪の対処は、自然に抜けるのを待つか、白髪染めするかです。

抜けるのを待つ

全ての体毛には「ヘアサイクル(毛周期)」と呼ばれるサイクルがあり、毛が生えて、伸びて、抜けて、そしてまた生えてをくり返す周期は各体毛ごとに異なっています。

その中でも、眉毛のヘアサイクルはおよそ1〜2ヶ月と非常に短く、抜けて生え変わっての感覚が非常に早いです。眉毛が放っておいても一定の長さ以上に伸びないのはこのためです。2ヶ月前後で伸びた毛は抜け落ちてしまうのですね。

つまり、眉毛白髪が伸びて見えてきても、放っておけば数ヶ月で抜け落ちるでしょう。気づけばなくなってた、なんてことになります。

抜けた後にまた白髪が生えてくる可能性も高いですが、白髪のメカニズムは完全に解明されていないので、黒くなって戻ってくる可能性もあります。

マスカラで染める

抜け落ちるまでどうしても待てない、あるいは何度抜けてもまた白髪が生えてくる場合は、染めてしまうのも1つの手です。

というより、白髪対策の基本は”染めること”なので、最も理にかなった対策でしょう。

しかし、ヘアカラー剤は合わないモノを使うと余計にダメージを喰らうリスクがあります。特に目元の皮膚は薄くて弱いので、一層ダメージを受けやすいです。

そこまで気にするレベルでないなら、眉毛白髪は一度放っておいて、抜け落ちるのを待つ方をおすすめします。

眉毛白髪やヒゲ白髪が増える年齢

眉毛やヒゲの白髪と言うと、それこそ真っ白になっているおじいちゃんをイメージしますが、ポツポツと白髪が現れはじめる時期はもっとずっと早いです。

男女別の白髪発生年齢については「20代は早過ぎ?男性女性で白髪が増える平均年齢を調査してみる」でもまとめていますが、男性の場合はおよそ35歳がラインとなっており、30代も後半になるとあらゆる箇所で白髪が見え始めてきます。

ただ、これは特に不思議なことではなく、自然な加齢によるもの。30代も後半になると、細胞を若返らせる成長ホルモンの分泌量がピーク時の1/4にまで低下し、白髪を加速させる要因となっていきます。

逆に、遺伝や個人差はありますが、30歳未満でヒゲや眉毛(あるいは鼻毛やこめかみ)に白髪が見え始めた人は、ストレスや栄養不足などによる外的要因が考えられます。

関連20代で急に増えた白髪はストレス(精神的ショック)が原因?

【まとめ】きちんと栄養をとって白髪予防しよう

白髪は遺伝的な要素が強いですが、その点はどうしようもないので置いとくとして、自分の不摂生のせいで白髪が増えないように日頃から注意しましょう。

日々のちょっとした改善で、白髪の要因は1つひとつ潰していけます。

【自宅できる白髪対策】

  • ミネラルを補給できる食事(黒ごまやアーモンドなど効果あり)
  • お風呂にゆったり浸かる(ストレス解消)
  • 顔面マッサージや顔面体操
  • ストレス発散目的を兼ねた適度な運動
  • 睡眠をしっかり取って成長ホルモンを促す
  • 毛を抜いたり外部ダメージを与えない
  • タバコを辞める
  • コーヒーや紅茶も控えた方がベター

参考白髪の原因と対策|おすすめの白髪染めでキレイな髪を取り戻そう

とくに、ストレスと栄養不足は白髪の天敵です。

若白髪に悩む人は、上記の改善点を見直して白髪を予防していきましょう。

【白髪増えた?】白髪が増えてきたら今すぐ始めるべき対策法

そう感じ始めたら、今すぐに白髪対策を取り始めるべきです。なぜなら白髪は抜け毛などと同じく、一度始まり ...

続きを見る

白髪に悩んだら揃えるべきもの

1

本格的に白髪染めを初めて1年以上、今まで10本以上の白髪染めを試してきてつくづく実感したことは、白髪 ...

2

サプリで白髪が治せるとは思っていないものの、「やらないよりはやった方がプラス」という気持ちで白髪予防 ...

3

私も以前はドラッグストアやスーパーで並んでいる市販シャンプーを使っていたのですが、どうも頭皮が痒くな ...

-頭髪コラム・豆知識

Copyright© 若白髪王子|おすすめ白髪染めを全て実践する口コミレビューブログ , 2018 All Rights Reserved.